SAKAE MINAMI WEB


デイリートピック Daily topic

ルーヴル美術館特別展 ルーヴル No.9 〜漫画、9番目の芸術〜

2017.07.15【イベント・催事】

世界最大級かつ最高峰の美術の殿堂「ルーヴル美術館」ー

フランス語圏で「バンド・デシネ(BD)」とよばれる漫画文化は絵画のように緻密で技巧に富んだ作品が多く、
フランスでは第9番目の芸術と位置付けられています。
※第9番目の芸術・・・フランスにおける芸術の序列 第1から8まで順に「建築」「彫刻」
 「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」とされる(諸説あり)。

21世紀に入りルーヴル美術館が現代アートとして漫画に注目し、フランス内外の才能豊かな作家たちを招待し、
ルーヴルをテーマに自由な表現で作品を描いてもらう「ルーヴル美術館BDプロジェクト」をスタートさせました。

本展では日本人作家7名を含む16名の作家が参加し、約300点の原画やネーム(絵コンテ)等の資料、
特別映像でBDプロジェクトの全容を紹介します。


第1章 The Great LOUVRE 〜偉大なるルーヴル美術館〜

所蔵品は55万点、総面積60,600u、年間900万人が来場する世界最大級のルーヴル美術館。
本章では、ルーヴル美術館の表の顔に焦点をあてて描かれた作品群を展観いたします。
世界最高峰の名作の数々と「漫画」の融合をお楽しみください。


第2章 Welcome to a Parallel World 〜ようこそ、異次元の世界へ〜

本章では、「漫画」の自由な表現で、現実世界を離脱し、ルーヴル美術館の知られざる裏側を冒険します。
異次元のストーリーで描く作品群を展観し、摩訶不思議な世界、ルーヴルの魔力に迫ります。


第3章 Beyond Time and Space 〜時空を超えて〜

1793年に美術館として開館する以前、ルーヴルはフランス王フィリップ2世が1200年頃に建てた要塞でした。
800年以上の歴史を見守り続けたルーヴルの過去、そして未来とは?
本章では、漫画家たち無限の想像力で、時空を超えても変わらぬ存在感を放つルーヴルと名作の普遍性に焦点を当てます。


  • 第1章 The Great LOUVRE 〜偉大なるルーヴル美術館〜
  • 第2章 Welcome to a Parallel World 〜ようこそ、異次元の世界へ〜
  • 第3章 Beyond Time and Space 〜時空を超えて〜
第1章 The Great LOUVRE 〜偉大なるルーヴル美術館〜 第2章 Welcome to a Parallel World 〜ようこそ、異次元の世界へ〜 第3章 Beyond Time and Space 〜時空を超えて〜

【イベント名】 ルーヴル美術館特別展 ルーヴル No.9 〜漫画、9番目の芸術〜
【会場】    松坂屋美術館(松坂屋名古屋店 南館7階)
【開催日時】  7月15日(土)〜9月3日(日)会期中無休
        10:00〜19:30
        ※最終日9月3日(日)は18時閉館(いずれも入館は閉館30分前まで)
【入場料金】  一般 1,300円(1,100円)
        高・大生 1,000円(800円)
        中・小学生 600円(400円)
        ※()内は前売・団体割引料金
        ※未就学児入場無料
        ※障害者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と、
         付添いの方1名様まで無料
【主催】    ルーヴル美術館、東海テレビ
【後援】    在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、
        名古屋市、名古屋市教育委員会
【URL】   http://tokai-tv.com/events/louvre/

ページ先頭へ戻る