SAKAE MINAMI WEB


デイリートピック Daily topic

【松坂屋美術館】近現代 日本絵画展

2017.06.10【イベント・催事】

近代の日本の美術は、西欧からの美術を積極的に受け入れながら一方では、
今までの日本独自の美術を守りつつ更に新たな地平を拓こうとする二つの潮流が交差しながら
独自の発展を遂げてきました。
それが今日まで日常的に使われている「洋画」、「日本画」という
二つのジャンルの成り立ちにも深く関係しています。
本展は、日本画と洋画の著名作家たちにより近現代日本美術の流れを一挙に展覧しようとするものです。


ギャラリートーク、公開制作

奥村 美佳 氏(本展出品日本画家)
立島 惠 氏(佐藤美術館 学芸部長)

日時:6月10日(土)10時30分〜
場所:松坂屋美術館内

※入場無料(ただし展覧会入館料は必要となります)


ギャラリートーク

岩田 壮平 氏(本展出品日本画家)
立島 惠 氏(佐藤美術館 学芸部長)

日時:6月18日(日)14時00分〜
場所:松坂屋美術館内

※入場無料(ただし展覧会入館料は必要となります)


  • 日本画 出展画家
  • 洋画 出展画家
日本画 出展画家 洋画 出展画家

【イベント名】 近現代 日本絵画展
        〜明治から受け継がれてきたもの、未来へ受け継いでいくもの〜
【会場】    松坂屋美術館(松坂屋名古屋店 南館7階)
【開催日時】  6月10日(土)〜7月9日(日)会期中無休
        10:00〜19:30
        ※最終日7月9日(日)は18時閉館(いずれも入館は閉館30分前まで)
【入場料金】  一般 1,000円(800円)
        高・大生 800円(600円)
        ※()内は前売・団体割引料金
        ※中学生以下無料
        ※障害者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と、
         付添いの方1名様まで無料
【主催】    松坂屋美術館、日本経済新聞社、テレビ愛知
【後援】    愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市 各教育委員会
【お問合せ】  052-264-3611
【URL】   http://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/2017_kingendainihonkaiga/

ページ先頭へ戻る